競馬の知識なんてなくてもOK牧場! ダービー卿チャレンジトロフィー

第53回  ダービーCT G3

中山芝1600m ハンデ戦

 

【uMa的狙いポイント】

極端な枠でなければどの枠でも勝負になるが、大外枠は中山競馬場ですから不利となります。血統的にはノーザンダンサーのクロスを持っている馬の入着率が非常に高いです。特にダンジグやニジンスキーの血を持つ馬が強いです。年齢的には5歳馬が圧倒。次点に4歳馬。6歳以上になるとかなり複勝率が下がります。その点を含めて絞り込みをします。

 

まずは軸馬を決めよう!

  • 年齢と血統で絞り込みしてみる

赤字は5歳馬でノーザンDのクロスを持っている馬、

青字は4歳馬でノーザンDのクロスを持っている馬

 

ウインカーネリアン、エメラルファイト、カイザーミノル、カラテ、カテドラル、スギノヴォルケーノ、

スマイルカナ、テルツェット、メイショウチタン、ルフトシュトローム

 

この中から毎年連対馬が1~2頭以上出ています

 

  • 脚質で絞り込みしてみる。

中山マイルも王道脚質は 『先行ちょい差し』

逃げはなかなか決まらない。追い込み一気も決まりにくい。

上記の9頭の中から脚質が『先行』の馬をピックアップしてみると・・・

ウインカーネリアン、カイザーミノル、カラテ、スギノヴォルケーノ、スマイルカナ

この5頭まで絞り込み。

 

  • 中山コース適正を確認

ウインカーネリアン(3.2.0.3)

カイザーミノル (0.0.0.3)

カラテ(2.0.0.3)

スギノヴォルケーノ(0.0.0.1)

スマイルカナ(3.1.0.0)

これを見る限りは軸とする馬は。。。

◎スマイルカナ

次点、 〇ウインカーネリアン とする。

 

他、先に挙げた

エメラルファイト、カイザーミノル、カラテ、カテドラル、スギノヴォルケーノ、

スマイルカナ、テルツェット、メイショウチタン、ルフトシュトローム

枠順確定後、この中から連下を選んでいきます。

※残りは枠順確定後絞り込みします

コメントを残す